≫≫≫管理人が超絶オススメするゲームアプリ7選!

【アカツキランド】ファイターのスキルや特徴|おすすめのステ振りも解説!

アカツキランドの職業『ファイター』のスキル構成や特徴についてまとめます。また、スキルのレベル上げや属性ptの振り分け、ステータスアップについても合わせて解説しますので、ファイターを運用中の方も参考にしていただければ幸いです。

ファイターの特徴

評価
火力量 ★★★★
耐久性 ★★★★★
回復力 ・・・・
使いやすさ ★★★★★
総合評価 ★★★★

ファイターの特徴
・高い耐久性と攻撃力を持つ
・難易度の高いコンテンツで重宝される
・チームメンバーの耐久面をカバー
・ソロ攻略には不向きだが、チーム貢献度が高い

ステ振りオススメ(属性ptの振り分け)

大斧の属性ポイント配分
大斧は『力』と『体』へのステ振りが基本です。
割合としては[体:2/力:3]がオススメです。
大斧は、タンクでの運用よりもアタッカーとしての運用がオススメのため『力』への極振りもおススメです。この場合は、高い耐久性能を活かせないため注意が必要です。
剣盾の属性ポイント配分
剣盾も『力』と『体』へのステ振りが基本です。
割合としては[体:3/力:2]がオススメです。
剣盾は、タンクとしての優秀なスキルを多数所持しているため『体』への極振りもおススメです。ソロ攻略には向いていませんが、チームへの貢献度が高いのが特徴です。
    • 極振りについて
      『体』or『力』への極振りによって、ソロでの攻略性能が低下します。ただし、特化性があり、決められた役割をこなしやすいためチームを組んでプレイする場合に有利になります。どちらかと言うと課金者・上級者向けの振り分け方法です。

大斧のスキル構成

大斧特攻(通常攻撃)

大斧を振るい、四段攻撃を繰り出す。
毎回100%/92%/63%/271%×物理攻撃の物理ダメージを与える。烈炎の祝福状態では、四段攻撃の全てに、火ダメージが付与される。

(スキルレベル58時のスペック)
パッシブ付加:物理攻撃+232

使用距離:2m
影響範囲:扇形3m
SP消費:消費なし
クールダウン時間:0.6秒

炎気斬

前方に炎気を一本放出し、自分に烈炎の祝福を付与。
295%×(物理攻撃+79)の物理ダメージと368%×(火属性強度+15)の火ダメージを与える。烈炎の祝福状態でこのスキルを使用すると、一度に炎気を三本放出する。

(スキルレベル58時のスペック)
パッシブ付加:火属性強度+58
4段目の通常攻撃は22%の確率で自分に烈炎の祝福をもたらす

使用距離:8m
影響範囲:長方形15m×2m
SP消費:33
クールダウン時間:7.0秒

勇気の跳躍

上空に飛び上がり、壊滅的な一撃を振り落とし、着地ポイントの敵に、528%×(物理攻撃+84)の物理ダメージと660%×(土属性強度+16)の土ダメージを与え、同時に敵の移動速度を減速させる地割れ領域を作り出す。
烈炎の祝福状態でこのスキルを使用すると、烈炎の祝福が消耗され、もう一箇所烈炎の領域が追加で形成される。

(スキルレベル58時のスペック)
パッシブ付加:最大HP+2320
土属性強度+58

使用距離:10m
影響範囲:円形3m
SP消費:47
クールダウン時間:10.0秒

地鳴りの一撃

大地を強く叩きつけ、比較的弱い敵を転ばせ、622%×(物理攻撃+75)の物理ダメージと778%×(土属性強度+14)の土ダメージを与える。
地割れ領域にこのスキルを使用すると、山崩し効果が発動される。烈炎の祝福状態でこのスキルを使用すると、烈炎の祝福が消耗され、地炎噴出効果が発動される。

(スキルレベル58時のスペック)
パッシブ付加:10m以内の仲間の物理攻撃を58ポイント高める

使用距離:6m
影響範囲:円形3m
SP消費:56
クールダウン時間:12.0秒

岩石の爪

岩石の爪を召喚し、402%×物理攻撃の物理ダメージと502%×土属性強度の土ダメージを与え、同時に敵を硬直にさせる。
敵を強制的に自分の前に引きずりだし、更に321%×物理攻撃の物理ダメージと402%×土属性強度の土ダメージを与え、移動速度も減速させる。
烈炎の祝福状態でこのスキルを使用すると、烈炎の祝福が消耗され、烈炎の領域を作り出す。

(スキルレベル58時のスペック)
パッシブ付加:会心率が5%アップ(HPが50%以下の場合、10%アップ)

使用距離:9m
影響範囲:長方形9m×4m
SP消費:70
クールダウン時間:15.0秒

踏み潰し

地面を力強く踏みつけ、ぃ知事的に自分の物理攻撃を高め、358%×(物理攻撃+75)の物理ダメージと448%×(土属性強度+15)の土ダメージを与えるとどうおじに、敵の移動速度を減速させる地割れ領域を作り出す。
烈炎の祝福状態でこのスキルを使用すると、烈炎の祝福が消耗され、もう一箇所の烈炎の領域が追加で形成される。

(スキルレベル58時のスペック)
パッシブ付加:モンスターからの範囲ダメージは14%低下する
(5m内のペットでない敵が4匹以上になると、受けたすべての範囲ダメージは29%低下する)

使用距離:3m
影響範囲:円形3m
SP消費:56
クールダウン時間:12.0秒

先祖の拳

岩石の巨人を召喚して三回猛攻し、一回目と二回目は472%×物理攻撃の物理ダメージと590×火属性強度の火ダメージを与える。
三回目は、566%×物理攻撃の物理ダメージと708%×火属性強度の火ダメージを与える。
烈炎の祝福状態でこのスキルを使用すると、烈炎の祝福が消耗され、一回目と二回目の攻撃のときに地炎噴出効果が発動される。

(スキルレベル1時のスペック)
パッシブ付加:
会心強度+3
5m内に複数の敵があいるとき、与えるダメージは4%アップする

使用距離:6m
影響範囲:円形4m
SP消費:4
クールダウン時間:25.0秒

剣盾のスキル構成

剣盾特攻

剣盾を振るい、四段攻撃を繰り出す。
毎回41%/53%/61%/131%×物理攻撃の物理ダメージを与える。烈風の祝福では、四段攻撃の全てに、風ダメージが付与される。

(スキルレベル55時のスペック)
パッシブ付加:物理防御+220 魔法防御+220

使用距離:2m
影響範囲:扇形3m
SP消費:消費なし
クールダウン時間:0.7秒

太古の守り

周囲の敵を挑発し、4秒間強制的に自分を攻撃させる。同時に、3秒間自分の物理防御と魔法防御を12%高める。

(スキルレベル55時のスペック)
パッシブ付加:スキルによる恨み値アップ72%

使用距離:9m
影響範囲:単体
SP消費:33
クールダウン時間:8.0秒

嵐の投擲

前方に烈風に包まれた盾を放出し、自分に烈風の祝福を付与。
盾に命中された敵を、強制的に自分の目の前に引きずり出し、93%×物理攻撃の物理ダメージと93%×風属性強度の風ダメージを与え、移動速度を減速させる。盾に命中された味方は、移動速度が一時的にアップする。

(スキルレベル55時のスペック)
パッシブ付加:最大HP+3850
会心耐性+275

使用距離:12m
影響範囲:長方形12m×4m
SP消費:33
クールダウン時間:8.0秒

破壊の一撃

目の前にいる敵に、迅速で猛烈な叩き斬りをくりだし、461%×(物理攻撃+5)の物理ダメージと461%×(土属性強度+9)の土ダメージを与え更に破甲状態にし、防御力を下げる。
烈風の祝福状態でこのスキルを使用すると、烈風の祝福が消耗され、外側に向かって竜巻を3本放出する。

(スキルレベル55時のスペック)
パッシブ付加:モンスターから受けたダメージは25%低下する

使用距離:9m
影響範囲:長方形10m×4m
SP消費:49
クールダウン時間:12秒

旋風斬

高速で旋回しながら、周囲の敵を自分のそばに引き寄せ、自分に烈風の祝福をかける。
0.5秒ごとに96%×(物理攻撃+9)の物理ダメージと96%×(風属性強度+14)の風ダメージを与える。烈風の祝福状態で使用すると、外側に向けて竜巻を6本追加で放出する。旋回期間は減速、気絶、凍結等一部のコントロール効果を免疫する。

(スキルレベル55時のスペック)
パッシブ付加:装備によりHPは72%アップする

使用距離:2m
影響範囲:円形3m
SP消費:67
クールダウン時間:16.0秒

盾の反撃

防御態勢に入り、すべてのダメージが20%軽減され、大部分のコントロール効果に免疫する。
防御態勢時に、再度このスキルを使用すると、防御態勢を中断させ、目の前の敵にカウンターし、447%×(物理攻撃+8)の物理ダメージを与える。防御態勢時に、受けたダメージが高いほど、カウンターで与えるダメージも高くなる。

(スキルレベル55時のスペック)
パッシブ付加:物理攻撃+55
四段目の通常攻撃は21%の確率で敵の物理・魔法攻撃を引き下げる

使用距離:2m
影響範囲:円形3m
SP消費:41
クールダウン時間:10.0秒

風の庇護

風の古神の加護を呼び出し、自分とペット、および残りHPが最も少ない仲間に風の盾を付与し、最大HPの20%に当たるダメージを吸収する。
仲間がいない場合、自分とペットの風の盾のダメージ吸収率が最大HPの30%に変化。風の盾の効果終了時、周囲の敵に風ダメージを1回与える。

(スキルレベル1時のスペック)
パッシブ付加:5m内の敵の数が5匹以上になると、受けたダメージが13%ダウン

使用距離:15m
影響範囲:単体
SP消費:2
クールダウン時間:16.0秒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です