≫≫≫管理人が超絶オススメするゲームアプリ7選!

【イドラ】グスタフの評価とオススメ運命分岐!運用方法の解説

イドラのグスタフ(ロウ・カオス)の評価とおすすめの運命分岐についてまとめます。また、グスタフを実際に使う際の運用方法や特徴についても合わせて解説していきます。イドラ攻略の参考にしていただければ幸いです。

グスタフの性能/特徴

初期 ロウ カオス
9.0点 9.5点 9.0点

グスタフ(ロウ・カオス)の共通点/特徴

  • 燃焼の敵に対して与ダメージアップ
  • EBで敵全体に高威力攻撃が可能

状態変化の効果確認はこちら

ステータス

基本データ 【★5】-火属性-
初期勢力】-ロウ-【イドラ化】-レオ-
HP 11144
攻撃力 415
防御力 411
素早さ 454

スキル・エレメンタルブラスト

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
対象の敵を20%で燃焼
S1 ≫エクスプロージョンアロウ【必要:6】
《使用間隔:5》
敵単体に威力180
敵全体に威力50の追加ダメージを与える
S2 ≫メテオカタパルト【必要:7】
《使用間隔:5》
敵ランダム3回に威力125
【最終】ターン中の被ダメージが0の時、与ダメージが30%アップ
EB ≫レオフレア・アロー【必要:8】
敵全体に威力265
燃焼の敵に対する与ダメージが20%アップ

グスタフ(ロウ・カオス)の性能/特徴

グスタフ(ロウ)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
対象の敵を20%で燃焼
S1 ≫エクスプロージョンアロウ【必要:6】
《使用間隔:5》
敵単体に威力180
敵全体に威力50の追加ダメージを与える
S2 ≫メテオカタパルト・改【必要:7】
《使用間隔:5》
敵ランダム3回に威力130
【最終】ターン中の被ダメージが0の時、与ダメージが30%アップ
敵が燃焼の時、2回攻撃を行う
EB ≫レオフレア・ロイヤルアロー【必要:8】
敵全体に威力270
燃焼の敵に対する与ダメージが20%アップ
対象の敵を40%で怯み

敵を行動不能にできる『怯み』が強力

グスタフ(ロウ)は、敵全体に威力270.燃焼の敵に対する与ダメージ20%アップの攻撃スキルを持ち、その効果として対象の敵を40%で『怯み』状態にすることができます。

『怯み』は、付与された敵を数ターン行動不能にすることができます。グスタフ(ロウ)は、敵全体に対して40%の確率で『怯み』を付与することができる点が評価ポイントでしょう。

燃焼の敵に対して追加効果のあるスキル構成

グスタフ(ロウ)は、燃焼が付与された敵に対して与ダメージアップや追加攻撃を行うなどの効果があるスキル構成をしています。そのため、ローザリンデやゲルダなどの燃焼を付与することができるキャラと編成することで、スキルを活かしやすい編成を組むことが可能です。

グスタフ単体でも、通常攻撃で燃焼の付与を狙えますが、確率が低いため他のキャラと編成すると良いでしょう。

グスタフ(カオス)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
対象の敵を20%で燃焼
S1 ≫ビッグバンアロウ【必要:6】
《使用間隔:5》
敵単体に威力180
敵全体に威力50の追加ダメージを与える
対象の敵を40%で燃焼
S2 ≫メテオカタパルト【必要:7】
《使用間隔:5》
敵ランダム3回に威力125
【最終】ターン中の被ダメージが0の時、与ダメージが30%アップ
EB ≫ レオフレア・ダークアロー【必要:8】
敵全体に威力270
燃焼の敵に対する与ダメージが20%アップ
3ターンの間、敵の防御力15%ダウン

EBで敵の防御力15%ダウンが強力

グスタフ(カオス)は、敵全体に威力270、燃焼の敵に対する与ダメージが20%アップ、3ターンの間、敵の防御力15%ダウンするエレメンタルブラストを持ちます。防御デバフを付与できるため、ダメージの底上げができるでしょう。

グスタフの運命分岐おすすめ

初期 ロウ カオス
9.0点 9.5点 9.0点

グスタフ単体での評価は上記のようになります。他のキャラとの組み合わせで強みが変化するため、単純な評価として参考にしていただければ良いでしょう。他のキャラとの相性などは、下記の方にまとめてありますのでそちらを参考にしていただければ幸いです。

性能で選ぶならグスタフ(ロウ)がオススメ

グスタフ(ロウ)は、燃焼の敵に対して与ダメージが20%アップする、敵全体攻撃を持っており、その効果として、対象の敵を40%で怯みにすることができるため、様々な場面で活躍が期待できます。

また。燃焼の敵に対してダメージアップの効果があるため、ローザリンデやゲルダといった強力なキャラと合わせて運用することができる点もオススメです。

ローザリンデやゲルダも(ロウ)での運用が強力なため、相性の良いグスタフも(ロウ)で運用すると良いでしょう。

グスタフの運用方法

グスタフ(ロウ)のEBを利用した運用方法

グスタフ(ロウ)を運用する際は、EBの『怯み』と『燃焼の敵に対する与ダメアップ』を利用した運用方法が強力です。『怯み』で敵の行動を妨害するだけでなく、燃焼が付与された敵全体に対してダメージを狙うことができるため、様々な状況下での運用が可能です。

ただ、グスタフ(ロウ)自身では、燃焼の付与が難しいため、ゲルダやローザリンデのような、燃焼を付与できるキャラと同時に編成させると良いでしょう。

グスタフ(カオス)の防御デバフを主体とした運用方法

グスタフ(カオス)を運用する際は、敵全体を対象としたEBの効果『敵の防御力15%ダウン』を利用した運用方法が強力です。EBを発動する必要がある点がネックですが、ローザリンデ(カオス)などの全体攻撃スキルを持つキャラと組み合わせることで、グスタフ(カオス)EB ⇒ 全体攻撃スキルといったムーブが可能です。ゲルダなどのエレメンターで属性値を確保しておくのも良いでしょう。

グスタフと相性の良いキャラ

≫≫≫ローザリンデ
『燃焼が付与された敵に対して与ダメージ20%アップするスキル効果がローザリンデ(ロウ)と相性が良い。また、ローザリンデの『庇う』でグスタフの生存率を上がることが可能。』
≫≫≫ゲルダ
『 燃焼が付与された敵に対して与ダメージ20%アップするスキル効果がゲルダ(ロウ)と相性が良い 』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です