≫≫≫管理人が超絶オススメするゲームアプリ7選!

【イドラ】カリンの評価とオススメ運命分岐!運用方法の解説

イドラのカリン(ロウ・カオス)の評価とおすすめの運命分岐についてまとめます。また、カリンを実際に使う際の運用方法や特徴についても合わせて解説していきます。イドラ攻略の参考にしていただければ幸いです。

カリンの性能/特徴

ステータス

基本情報 【★3】-火属性-
初期勢力】-カオス-【イドラ化】-ルプス-
HP 7600
攻撃力 407
防御力 409
素早さ 432

スキル・エレメンタルブラスト

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵ランダム2体に威力50
対象の敵を15%で燃焼
S1 ≫フォイエ[連撃]【必要:3】
《使用間隔:5》
敵ランダム2体に威力90
対象の敵を30%で燃焼
S2 ≫エナジーキャノン【必要:6】
《使用間隔:5》
敵ランダム3回の威力195
追加効果なし
EB ≫クリムゾンスプラッシュ【必要:9】
敵単体に威力275
対象の敵を60%で燃焼

カリン運命分岐後の性能/特徴

カリン(ロウ)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵ランダム2体に威力50
対象の敵を15%で燃焼
S1 ≫フォイエ[連撃]【必要:3】
《使用間隔:5》
敵ランダム2体に威力90
対象の敵を30%で燃焼
S2 ≫エナジーキャノン【必要:6】
《使用間隔:5》
敵ランダム3回の威力195
追加効果なし
EB ≫ウルフブレイズ【必要:9】
敵全体に威力280
対象の敵を60%で燃焼
対象の敵の防御力を10%ダウン(4ターン)

燃焼パの編成に組み込める

カリン(ロウ)は、EBやスキルで敵複数体に燃焼を付与することができるため、火属性の燃焼を利用したーティーに組み込むことができます。また、EBで敵全体に威力280の攻撃をすることができるため、火力貢献も可能です。

ローザリンデや、ゲルダグスタフなどの強力なキャラクターを入手するまでは、燃焼を付与できるスキルやEBが重宝されるでしょう。

EBで敵全体に防御デバフを付与できる

カリン(ロウ)は、EBの追加効果として、対象の敵の防御力を4ターンの間10%ダウンすることができます。味方全体の最終ダメージを上昇させることができるため、他のキャラの強力なEBに見劣りしない性能となっています。

また、ローザリンデグスタフなどの、燃焼の敵に対して与ダメがアップするスキルを持つキャラの火力を引き上げることができる点で優秀です。

カリン(カオス)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵ランダム2体に威力50
対象の敵を15%で燃焼
S1 ≫フォイエ[連撃]【必要:3】
《使用間隔:5》
敵ランダム2体に威力90
対象の敵を30%で燃焼
S2 ≫フレイムキャノン【必要:6】
《使用間隔:5》
敵ランダム3回の威力195
対象の敵を40%で燃焼
EB ≫クリムゾンバースト【必要:9】
敵単体に威力280
自身の残りHPが多いほど与ダメージが最大30%アップ
対象の敵を60%で燃焼

敵単体へ高威力EBが強力

カリン(カオス)は、威力280の敵単体EBを所持しています。また、自身の残りHPが多いほど与ダメージが最大30%アップと、対象の敵に60%で燃焼を付与する追加効果を持ちます。

EBに必要な属性値が9必要なため、カリンの残りHPが多い状態でない場合は、別キャラのEBを使用すると良いでしょう。

イドラ戦で有効なスキル構成

カリン(カオス)は、高火力の敵単体EBに加え、燃焼を付与することができるスキルを持つため、イドラ戦でアタッカーとして起用することができます。

また、イドラ戦では3体中1体に燃焼を付与することができれば、残り2体にも燃焼が付与されるため、敵単体を対象とするスキルが腐りにくい点で有効です。

カリンの評価と運命分岐おすすめ

初期 ロウ カオス
8.0点 8.5点 8.0点

カリン単体での評価は上記のようになります。他のキャラとの組み合わせで強みが変化するため、単純な評価として参考にしていただければ良いでしょう。他のキャラとの相性などは、下記の方にまとめてありますのでそちらを参考にしていただければ幸いです。

燃焼パで運用する場合、ロウへの運命分岐がオススメ

カリン(ロウ)は、敵全体に燃焼を付与することができるEBや、敵ランダム3体に燃焼を付与できるスキルをもつため、火属性(ロウ)の燃焼パーティーに組み込みやすいです。

燃焼パーティーには、ローザリンデゲルダグスタフなどの強力なキャラがいますが、入手が難しくキャラが揃うまではカリン(ロウ)で代用すると良いでしょう。

また、カリン(ロウ)のEBの追加効果で、敵全体の防御力を4ターンの間10%ダウンする効果を持つため、EBが腐らない点も優秀です。上記の事を踏まえ、燃焼パで運用する場合はロウに運命分岐するのがオススメです。

アタッカーで運用する場合、カオスへの運命分岐がオススメ

カリン(カオス)は、残りHPが多いほど与ダメージが30%アップするEBを持つため、アタッカーとして運用することができます。また、どの行動をしても燃焼を付与できるため、イドラ戦で活躍することができます。

幸い、火属性のカオスには純粋なアタッカーが少ないため、気軽に編成できる点でもカオスへの運命分岐がオススメです。

カリンと相性の良いキャラ

≫≫≫ローザリンデ
『ローザリンデ(ロウ)は、燃焼の敵に対する与ダメージが50%アップするスキルを持っているため、敵複数体に燃焼を付与できるカリン(ロウ)と相性が良い。』
≫≫≫ゲルダ
『ゲルダ(ロウ)は、属性値を回収しやすいスキルを複数所持しており、カリン(ロウ)の重コストのEBのデメリットをカバーできる。また、カリンのEBで敵全体の防御力を低下させることができるため、ゲルダ(ロウ)の火力支援を行える点で相性が良い。』
≫≫≫グスタフ
『グスタフ(ロウ)は、燃焼の敵に対する与ダメージが20%アップするEBと、敵が燃焼の時、2回攻撃を行うスキルを持つため、敵複数体に燃焼を付与できるカリン(ロウ)と相性が良い。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です