≫≫≫管理人が超絶オススメするゲームアプリ7選!

【イドラ】ポポプリンの評価とオススメ運命分岐!運用方法の解説

イドラのポポプリン(ロウ・カオス)の評価とおすすめの運命分岐についてまとめます。また、ポポプリンを実際に使う際の運用方法や特徴についても合わせて解説していきます。イドラ攻略の参考にしていただければ幸いです。

ポポプリンの性能/特徴

ステータス

基本情報 【★4】-風属性-
初期勢力】-ロウ-【イドラ化】-カマイレオン-
HP 9501
攻撃力 416
防御力 433
素早さ 417

スキル・エレメンタルブラスト

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
敵を攻撃した時、自身の属性値を追加で1増加
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
敵を攻撃した時、自身の属性値を追加で1増加
S1 ≫ポポゲイン【必要:4】
《使用間隔:5》
味方全体に支援
【最速】味方全体を属性値コンバート状態にする(2ターン)
S2 ≫スウィートトルネード【必要:5】
《使用間隔:5》
敵ランダム2体に威力115
自身の属性値に応じて与ダメージが最大30%アップ
EB ≫ポポリン・プルミラ【必要:9】
味方全体に支援
【最速】味方全体の属性値獲得量を25%アップ(4ターン)

ポポプリン運命分岐後の性能/特徴

ポポプリン(ロウ)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
敵を攻撃した時、自身の属性値を追加で1増加
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
敵を攻撃した時、自身の属性値を追加で1増加
S1 ≫ポポアクワイア【必要:4】
《使用間隔:5》
味方全体に支援
【最速】味方全体を属性値コンバート状態にする(2ターン)
味方全体の防御力を30%アップ(2ターン)
S2 ≫スウィートトルネード【必要:5】
《使用間隔:5》
敵ランダム2体に威力115
自身の属性値に応じて与ダメージが最大30%アップ
EB ≫ポポリン・パルルミラ【必要:9】
味方全体に支援
【最速】味方全体の属性値獲得量を25%アップ(4ターン)
味方全体のウィーク時与ダメージを10%アップ(2ターン)

属性値の獲得に特化したエレメンター

ポポプリン(ロウ)は、属性値を獲得する手段を複数所持しており、味方のEBの回転を速めたり、スキルを打つために必要な属性値を早く獲得しパーティーの初動を速めるなどの支援を得意とします。

ポポプリンは、通常攻撃で自属性値を回収できるため、毎ターン属性値を多く獲得することができます。

スキルでは、最速で味方全体に防御力を30%アップを付与し、属性値コンバート状態にすることができるため、耐久面をカバーしつつ全属性値を上昇させることができます。

自身で火力を出しにくい

ポポプリン(ロウ)は、属性値の回収に特化してスキル構成で攻撃手段が少ないため注意が必要です。威力115の敵ランダム2体攻撃と自身の属性値に応じて与ダメージが最大30%アップするスキルを所持していますが、高火力は期待できないため運用する際はアタッカーと一緒に編成するようにしましょう。

風属性のロウには、ジェネウィンディスゾラなどの強力なアタッカーが控えており、ポポプリンとの相性も良いため、これらのキャラと編成するのがオススメです。

ポポプリン(カオス)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
敵を攻撃した時、自身の属性値を追加で1増加
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
敵を攻撃した時、自身の属性値を追加で1増加
S1 ≫ポポアクワイア【必要:4】
《使用間隔:10》
味方全体に支援
【最速】味方全体を属性値コンバート状態にする(2ターン)
S2 ≫スパイシーサンダー【必要:5】
《使用間隔:5》
敵全体に威力150
【デメリット】全種類の属性値を1消費
EB ≫ポポリン・パルルミラ【必要:9】
敵全体に威力300
ウィーク時与ダメージが10%アップ(4ターン)

敵全体を対象とする高火力のEBを持つ

ポポプリン(カオス)は、敵全体を対象とした高火力のEBを所持しています。また追加効果でウィーク時与ダメージ10%アップの追加効果を持つためダメージ貢献が可能です。

また、威力150の敵全体攻撃スキルを所持しており、敵全体を対象とするアタッカーとして活躍出来ます。

エレメンターとして運用はできるけど…

ポポプリン(カオス)は、ロウと比較した時、敵全体への攻撃スキルとEBを持つ代わりに、ポポプリンの最大の魅力であった属性値の回収効率が著しく低下します。

ポポプリン(カオス)にも、使いやすいという特徴があり、クエスト周回などでは便利な性能ですが、既にアタッカーを所持している場合は出番が少なくなる印象です。

ポポプリンの評価と運命分岐おすすめ

初期 ロウ カオス
8.5点 9.5点 8.5点

ポポプリン単体での評価は上記のようになります。他のキャラとの組み合わせで強みが変化するため、単純な評価として参考にしていただければ良いでしょう。他のキャラとの相性などは、下記の方にまとめてありますのでそちらを参考にしていただければ幸いです。

属性値獲得に特化したロウへの運命分岐がオススメ

ポポプリンは、ロウへの運命分岐がオススメです。属性値の獲得を得意とし、EBを連発することができたり、味方全体の初動を速めることができるため、かなり強力なキャラクターと言えます。

カオスへの運命分岐では、敵全体への攻撃に優れていて使いやすいですが、他のキャラで代用できる点でオススメ出来ません。

ただ、ポポプリン(ロウ)は、パーティーに強力なEBを持つアタッカーがいる場合に真価を発揮するため、それらのキャラを所持していない場合は、ポポプリン(カオス)への運命分岐でも良いでしょう。

ポポプリンの運用方法

アリーナで無双する運用方法

ポポプリン(ロウ)のスキル『ポポアクワイア』を1ターン目に発動し、味方全体に属性値コンバート状態と防御力30%アップを付与します。最速で使う事ができるため、敵からの全ての攻撃を受けつつ、属性値を最大まで貯める事ができ、2ターン目にはEBを打つことが可能です。

EBを打つキャラは、敵全体への高火力EBを持つキャラに任せて、ゾラなどの与ダメアップが可能なキャラで火力を高めた状態にしておくと、高いダメージを叩き出すことができます。

3ターン目は、リバースラッシュで生き残りを処理して、4ターン目でアンナマリーなどで火力アップバフを付与し、高火力EBで勝利する流れがオススメです。

敵のHPが多い場合は、ポポプリンのEBから

高難度クエストやイドラ戦などで、敵のHPが多い場合は、ポポプリンのEBを最初に発動して、味方全体に属性値獲得量を4ターンの間25(30)%アップするバフを付与します。

風属性のみで編成していた場合は、ポポプリンに通常攻撃をさせておくだけで、バフ継続中に限り、ほぼ毎ターンEBを打つことができます。EBを打つキャラは、高火力のEBと素早さが早いキャラに一任することで無駄な属性値を減らすことができるでしょう。

ポポプリンと相性の良いキャラ

≫≫≫ジェネ
『ジェネは、火力の高いEBを所持しており、EBに必要な属性値をポポプリンで回収できるため、互いに相性が良い。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です