≫≫≫管理人が超絶オススメするゲームアプリ7選!

【イドラ】レイチェルの評価とオススメ運命分岐!運用方法の解説

イドラのレイチェル(ロウ・カオス)の評価とおすすめの運命分岐についてまとめます。また、レイチェルを実際に使う際の運用方法や特徴についても合わせて解説していきます。イドラ攻略の参考にしていただければ幸いです。

レイチェルの性能/特徴

ステータス

基本情報 【★3】-風属性-
初期勢力】-カオス-【イドラ化】-カマイレオン-
HP 7940
攻撃力 426
防御力 407
素早さ 397

スキル・エレメンタルブラスト

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
S1 ≫アクセルクラッシュ【必要:6】
《使用間隔:5》
敵単体に威力240
【デメリット】風の属性値を1消費
S2 ≫スタンディシジョン【必要:8】
《使用間隔:5》
敵単体に威力190
対象の敵を35%で怯みにする
EB ≫ダークアヴェンジャー【必要:10】
敵ランダム3体に威力330
追加効果なし

レイチェル運命分岐後の性能/特徴

レイチェル(ロウ)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
S1 ≫アクセルブレイカー【必要:6】
《使用間隔:5》
敵単体に威力160
【デメリット】風の属性値を1消費
対象の敵の状態異常耐性を10%ダウン(4ターン)
S2 ≫スタンディシジョン【必要:8】
《使用間隔:5》
敵単体に威力190
対象の敵を35%で怯みにする
EB ≫ライトヴァンガード【必要:10】
敵ランダム3体に威力335
対象の敵を40%で怯み

EBでダメージ貢献と怯みを付与できる

レイチェル(ロウ)は、威力335の敵ランダム3体攻撃と、対象の敵を40%で怯みにするEBを所持しています。レイチェルの攻撃力も高く、EBの威力も高いためダメージ貢献が可能です。

また、対象の敵に40%と高確率で怯みを付与できるため、敵の行動を妨害できるキャラとしても活躍することができます。

スキル使用に必要な属性値が高い

レイチェル(ロウ・カオス)は、スキルを使用するために必要な属性値が高く、初動が遅い点には注意が必要です。また、スキル1を使用すると、デメリットで風の属性値が1消費されます。

レイチェルを編成する場合は、エレメンターなどと一緒に編成するなどの対策が必要になってくるでしょう。また、アリーナなどでは初動が遅れるため、運用が難しいキャラと言えます。

レイチェル(カオス)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
S1 ≫アクセルバスター【必要:6】
《使用間隔:5》
敵単体に威力240
【デメリット】風の属性値を1消費
自身の残りHPが少ないほど与ダメージが最大30%アップ
S2 ≫スタンディシジョン【必要:8】
《使用間隔:5》
敵単体に威力190
対象の敵を35%で怯みにする
EB ≫ダークヴァンガード【必要:10】
敵ランダム3体に威力335
対象の敵の状態異常耐性を10%ダウン(4ターン)

敵の状態異常耐性を低下させるEBを所持

レイチェル(カオス)は、威力335の敵ランダム3体攻撃と対象の敵の状態異常耐性を4ターンの間10%ダウンするEBを所持しています。現状では、風属性のカオスで状態異常耐性ダウンの必要性は少ない印象にあります。

また、EBの火力も高いのですが、ウィンディスジャスパーなどの強力なアタッカーを所持している場合には、レイチェルのEBの出番はほとんど無いといえます。

スキル1でダメージ貢献が可能

レイチェル(カオス)は、威力240の敵単体攻撃スキルを持ちます。また、自身の残りHPが少ない程与ダメージが最大30%アップする追加効果があるため、スキルダメージ貢献できる点で優秀です。

敵単体への攻撃なので、クエスト周回やアリーナバトルよりもイドラ戦などに向いています。

スキル使用に必要な属性値が高い

レイチェル(ロウ・カオス)は、スキルを使用するために必要な属性値が高く、初動が遅い点には注意が必要です。また、スキル1を使用すると、デメリットで風の属性値が1消費されます。

ただし、レイチェル(カオス)の場合、自身の残りHPが少ない程与ダメージが最大30%アップする効果があるため、初動が遅いデメリットをそこまで感じることは無いでしょう。

レイチェルの評価と運命分岐おすすめ

初期 ロウ カオス
7.5点 8.5点 8.0点

レイチェル単体での評価は上記のようになります。他のキャラとの組み合わせで強みが変化するため、単純な評価として参考にしていただければ良いでしょう。他のキャラとの相性などは、下記の方にまとめてありますのでそちらを参考にしていただければ幸いです。

多様性のあるロウがオススメ

レイチェル(ロウ)は、EBで敵ランダム3体に高威力の攻撃をすることができ、アタッカーとしての運用ができます。また、40%の確率で怯みを付与する追加効果を持つため、敵の行動を無力化することができる点で優秀です。

ジェネ(ロウ)などの強力なアタッカーを既に持っている場合でも、怯みを付与できる追加効果があり、状況に合わせてレイチェル(ロウ)のEBを打てるなどの多様性がある点でロウへの運命分岐がオススメです。

レイチェルの運用方法

怯みを付与できるアタッカーとして運用する方法

レイチェル(ロウ)は、素の攻撃力が高く高火力のEBを持つため、アタッカーとして運用することができます。また、対象の敵に40%で怯みにする追加効果があるため、状況に合わせてEBを使いこなすと良いでしょう。

ジェネ(ロウ)などの強力なキャラを所持する場合は、基本的にジェネのEBを使用していき、敵の行動を妨害したい場面などでレイチェルのEBを使うなどの運用方法がオススメです。

レイチェルと相性の良いキャラ

≫≫≫ゾラ
ゾラの最速で味方全体に与ダメージアップのバフを付与できるスキルで、レイチェルのEBの火力を底上げできる点で相性が良い。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です