≫≫≫管理人が超絶オススメするゲームアプリ7選!

【イドラ】リュカオンの評価とオススメ運命分岐!運用方法の解説

イドラのリュカオン(ロウ・カオス)の評価とおすすめの運命分岐についてまとめます。また、リュカオンを実際に使う際の運用方法や特徴についても合わせて解説していきます。イドラ攻略の参考にしていただければ幸いです。

リュカオンの性能/特徴

ステータス

基本データ 【★4】-火属性-
初期勢力】-カオス-【イドラ化】-ルプス-
HP 8990
攻撃力 453
防御力 431
素早さ 399

スキル・エレメンタルブラスト

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
S1 ≫ワイルドインパクト【必要:4】
《使用間隔:5》
敵単体に威力140
この攻撃で敵を倒した時、自身のスキル使用間隔が1短縮
S2 ≫ビーストスウィング【必要:6】
《使用間隔:5》
敵全体に威力170
【デメリット】火の属性値を1消費
EB ≫レオフレア・アロー【必要:10】
敵全体に威力315
【デメリット】攻撃後、自身の攻撃力が10%ダウン(3ターン)

リュカオン(ロウ・カオス)の性能/特徴

リュカオン(ロウ)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
S1 ≫ワイルドインパクト【必要:4】
《使用間隔:5》
敵単体に威力140
この攻撃で敵を倒した時、自身のスキル使用間隔が1短縮
S2 ≫フィアーススウィング【必要:6】
《使用間隔:5》
敵全体に威力170
【デメリット】火の属性値を1消費
自身の残りHPが少ないほど与ダメージが最大30%アップ
EB ≫デイライトウェアウルフ【必要:10】
敵全体に威力320
【デメリット】攻撃後、自身の攻撃力が10%ダウン(3ターン)
対象の敵の状態異常耐性が15%ダウン(3ターン)

デメリットのある高威力の全体攻撃スキルが強力

リュカオン(ロウ)は、デメリットで攻撃後に自身の攻撃力が10%ダウンするEBを所持しています。威力が320と高く、敵全体を対象とするため強力です。また、対象の敵の状態異常耐性を15%ダウンする効果もあるため、燃焼や業火を付与することができるキャラと編成すると良いでしょう。

自身の残りHPが少ないほど与ダメアップが強力

リュカオン(ロウ)は、自身の残りHPが少ないほど与ダメージが最大30%アップするスキルを所持しています。リュカオン自身の攻撃力が高いため、最大30%アップの補正値も大きく、状況によっては大きなダメージを狙うことが可能です。

火属性には、燃焼を利用したダメージ補正を狙うキャラが多いですが、リュカオン(ロウ)は1体のみで補正の条件を比較的楽に整える事ができるため使いやすいキャラクターでもあります。

リュカオン(カオス)の性能

通常攻撃 ≫1段階目【必要:0】
敵単体に威力50
≫2段階目【必要:3】
敵単体に威力80
S1 ≫ワイルドインパクト【必要:4】
《使用間隔:5》
敵単体に威力140
この攻撃で敵を倒した時、自身のスキル使用間隔が1短縮
S2 ≫フィアーススウィング【必要:6】
《使用間隔:5》
敵全体に威力170
【デメリット】火の属性値を1消費
対象の敵の状態異常耐性を10%ダウン(3ターン)
EB ≫デイライトウェアウルフ【必要:10】
敵全体に威力320
【デメリット】攻撃後、自身の攻撃力が10%ダウン(3ターン)
この攻撃で敵を倒した時、自身のスキル使用間隔が1短縮

スキル使用間隔を短縮するスキルで回転率アップ

リュカオン(カオス)は、敵全体に威力320の攻撃と、この攻撃で敵を倒した時、自身のスキル使用間隔を1短縮するEBを所持しています。攻撃後、自身の攻撃力が10%ダウンするデメリットはありますが、高威力のEBにスキル使用間隔短縮の効果をもつため、使いやすい印象です。

リュカオンの運命分岐おすすめ

初期 ロウ カオス
8.0点 9.0点 8.5点

リュカオン単体での評価は上記のようになります。他のキャラとの組み合わせで強みが変化するため、単純な評価として参考にしていただければ良いでしょう。他のキャラとの相性などは、下記の方にまとめてありますのでそちらを参考にしていただければ幸いです。

高威力の全体攻撃が可能なリュカオン(ロウ)がオススメ

リュカオン(ロウ)は、デメリットで攻撃後に自身の攻撃力を10%ダウンするEBを所持していますが、敵全体に威力が320の攻撃をすることができます。追加で、対象の敵の状態異常耐性を15%ダウンする効果もあるため、ゲルダ・ローザリンデ・グスタフのロウパーティに編成させて、燃焼や業火の付与確率を底上げすることもできる点で優秀です。

また、自身のHPが少ない程与ダメージが最大30%アップする敵全体攻撃スキルも高いダメージを狙える強力なスキルとなっています。

リュカオン(カオス)では、高い攻撃力を生かしきることができないため(ロウ)での運用をおすすめします。(カオス)のスキル使用間隔短縮も強力ですが、現状使い道があまりない印象ですのでリュカオン(ロウ)で問題ないでしょう。火属性(ロウ)の編成枠が無い場合は、リュカオン(カオス)での運用も強力です。

リュカオンの運用方法

リュカオン(ロウ)の高火力EB・スキルを活用

リュカオン(ロウ)を運用する際は、高火力のEBと自身の残りHPが少ない程与ダメージがアップするスキルを利用した運用方法が強力です。リュカオン(ロウ)はとにかく、高威力のEBやスキルを活かす使い方がオススメです。クエスト周回や、イドラ戦、アリーナバトルなどでも活躍できます。

リュカオン(カオス)はスキル使用間隔短縮を活用

リュカオン(カオス)を運用する際は、威力320で敵全体に攻撃をし、この攻撃で敵を倒したとき、自身のスキル使用間隔を1短縮する。などのEBやスキルを利用した、スキル回転を高める使い方がオススメです。

現状、スキル回転率が攻略に大きく影響することは無いですが、アンナマリーなどのスキルフィーバー状態を付与できるキャラと編成することで、スキルを連発することができるでしょう。

リュカオンと相性の良いキャラ

≫≫≫ローザリンデ
『リュカオンの状態異常耐性をダウンするスキルで、ローザの燃焼や業火などのデバフを付与しやすい点で相性が良い。』
≫≫≫ゲルダ
『 リュカオンの運用には、属性値を多く消費するため、ゲルダのエレメンターとしての性能が相性が良い。』
≫≫≫グスタフ
『リュカオンの状態異常耐性をダウンするスキルで、グスタフの燃焼や業火などのデバフを付与しやすい点で相性が良い。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です